筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

平成30年度 学校公開を開催しました

 11月10日(土)に、学校公開を開催しました。
 本校では毎年この時期に、主に2つの目的から学校公開を行っています。1つは、教育活動の一端を紹介し本校のことを知っていただくこと。もう1つは、自閉症の子供について理解を深めていただくことです。

 当日は、近隣にお住まいの方や放課後等デイサービスのスタッフといった子供たちが日頃お世話になっている地域の方、学校・保育園・療育センター・大学等で仕事をされている方など、合わせて100人以上の方に参加していただきました。

 午前の部では、授業参観と施設公開を行いました。2学期は、季節にちなんだ素材を取り上げた授業や行事に取り組んでいます。サツマイモが登場する歌に合わせて歌ったり体を動かしたりする遊び活動、秋の遠足で行ったみかん狩りの思い出を作品にする図画工作、数日後に修学旅行で訪れる箱根の大涌谷の学習などを行いました。

幼稚部・音楽遊び.jpg 幼稚部・運動遊び.jpg
<幼稚部・音楽遊び>           <幼稚部・運動遊び>

修学旅行事前学習.jpg 図画工作.jpg
<6年生・修学旅行事前学習>      <5年生・図画工作>

 展示した作品の多くは、秋の遠足で行ったさつまいも掘りやみかん狩り、運動会などを題材にした物でした。作品の一部を写真で紹介します。

幼稚部の秋.jpg
<幼稚部の秋:畑のさつまいもと真っ赤な葉っぱ>

遠足で掘ったさつまいも.jpg
<遠足で堀ったさつまいも、美味しかったね。>


小5展示.jpg 小6.jpg
<5年生製作:運動会の入退場門(一部)><甘いみかんを、たくさん取りました。>

 参観された方からは、「本校がどのような授業や取組をしているかを知ることができた。」、「子供たちがのびのび活動している姿が見られた。」、「子供一人ひとりのペースに合わせた対応が多く見られた。」、「教材や作品の工夫に興味をもった。」など、嬉しい感想をいただきました。