筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba
HOME > トピックス > 小学部2年生が宿泊学習を行いました。 Copy

「小学部2年生が宿泊学習を行いました。」

 小学部2年生は、7月12日(木)から13日(金)までの二日間、本校のデモホームにて宿泊学習を行いました。今回は、公共交通機関の利用、買物、調理、外食等の活動を友達や教師と一緒に行うことで、集団で活動する楽しさを味わい、生活する力を育てることを目標に取り組みました。

一日目の午前中は、4月に学級の畑に植えたジャガイモの収穫をしました。児童たちは、茎を引っ張り、土の中からたくさん出てきたジャガイモをうれしそうな表情をしていました。並べて数えてみると60個も収穫することができました。その後、収穫したジャガイモを使い、ポテトチップス作りをしました。ジャガイモを洗ったり、スポンジで擦って皮むきをしたりして、みんなで調理をしました。「パリパリ、サクサク」おいしいポテトチップスができました。
IMG_0864.JPGIMG_0936.JPG
   <ジャガイモの収穫>      <ポテトチップス作り>

 午後は、公共交通機関を使い、買物と外食に出掛けました。まず、翌日の朝食の材料を買いました。買う物を教師と一緒に探して、レジで支払いを済ませることができました。その後、券売機で切符を買い、電車に乗ってレストランへ行きました。事前学習で学んだとおりに券売機のタッチパネルの操作をほぼ一人で行い切符を購入することができ、改札を通り電車に乗りました。電車内では、マナーを守りながら車窓の景色を眺めていました。
IMG_0959.JPGIMG_0986.JPG
      <買物>           <切符の購入>
IMG_1009.JPG
      <電車> 

 レストランでは、メニューから好きな物を選び注文しました。水の入ったコップが運ばれてくると、コップを持ち、「乾杯!!」と言う児童もいました。みんな外食を楽しんでいました。学校に戻り、友達や教師と一緒にお風呂に入りました。就寝準備では、教師と一緒にシーツの端を持ち、布団に掛けたり、折り込んだりすることに取り組みました。まだ、一人では難しいこともありましたが、それぞれできることをがんばっていました。
IMG_1016.JPGIMG_1071.JPG
  <レストランでの食事>         <就寝準備>  

 二日目は、布団の片付け、洗顔、着替えの後、朝食を食べました。荷物整理の後、公園に出発。横断歩道では、教師の言葉掛けに合わせて、「右見て、左見て」と車を確認。手を挙げて横断歩道を渡ることができた児童もいました。公園では、滑り台やアスレチック、ブランコ等、それぞれ好きな遊具で遊びました。天候が少し心配されましたが、雨に濡れることもなく、二日間の宿泊学習を終えることができました。