筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

大相撲横須賀場所春巡業「ちびっ子わんぱく相撲」に参加しました。

 平成29年4月12日(水)、横須賀アリーナで行われた大相撲横須賀場所春巡業「ちびっ子わんぱく相撲」に本校の幼児児童40名が参加しました。

 さて、「ちびっ子わんぱく相撲」の参加に至った経緯ですが、本校の寄宿舎指導員のN先生が、平成25年度から毎年、寄宿舎の子供たちと一緒に行ってきた相撲大会に遡ります。
 
 寄宿舎の子供たちは、4年間の取組の中で、相撲の動きやルールの理解、しこ名へ親しむことやまわしの着用、ちゃんこ鍋作り、本物のお相撲さんとの交流を体験しながら学んできました。
 
 寄宿舎の子供たちは、相撲の動きや挨拶、ルールや勝敗の理解が身に付いたり、男性との関わりが苦手だった子供が自分からお相撲さんに関われるようになったり、子供同士で取組ができるようになったり、苦手だった野菜やいろいろな味のちゃんこ鍋を食べられるようになったりするといった成果が表れました。

 寄宿舎の取組の影響を受け、平成28年度からは、幼稚部でも相撲遊びが始まりました。

 年長児の宿泊学習でのお相撲遊びやトントン相撲、お尻遊びが発展し、学年を超えてプレイエリアで教師を押したり倒したりする相撲遊びが、子供たちの毎日の楽しみとなっていきました。

 12月には、N先生の紹介で本物のお相撲さんを招待して、力持ちのお相撲さんと餅つき&お相撲大会を行いました。
 
 その日学校には、お母さんと一緒に附属視覚特別支援学校のお友達が来て、友達や親子で交流を深めることにもつながりました。

<寄宿舎:子供たち四股名とお相撲さんとの取組> 

1.jpg2.jpg

<幼稚部:お相撲さんとお餅つきとお相撲>
3.jpg4.jpg


 ある日、横須賀に大相撲の春巡業が来ることが分かり、主催者側の計らいを得て、本校の幼児児童が大相撲横須賀場所春巡業「ちびっ子わんぱく相撲」に参加させてもらえることになりました。

 当日の参加に向けて、幼稚部と小学部ではそれぞれ、相撲のルールを知る、まわしを付ける、相撲の動きを練習すること、そして横須賀アリーナへの行き方や一緒に行く人を理解する学習を行いました。

<小学部:事前学習の様子>
5.jpg6.jpg

<幼稚部:お友達とお相撲>
7.jpg


 当日は、スクールバスで横須賀アリーナに到着し、その後は、控え室でまわしに着替えたり、2階の見学席に移動したりして、それぞれの子供の参加の仕方を確認しました。

 会場は大勢のお客さんでいっぱいでしたが、やる気満々の表情の子供や「見るだけでやらないよ。」と言う子供、お客さんを見渡している子供など、それぞれの子供の思いをもって土俵に向かっていました。

 実際のお相撲さんとの取組では、自分から手を伸ばしてお相撲さんを押したり、お相撲さんの動きをよく見てまねして押したり、挨拶をしたりするなど、満足した表情で土俵を降りていました。

 また、2階席から見学していた子供は、友達とお相撲さんが取り組む様子をよく見たり、その場で靴と靴下を脱いで見学したり、保護者や教師と一緒に応援したりしました。

 それぞれの子供たちが、本物のお相撲さんや土俵、お客さんいっぱいの会場の雰囲気を感じ、貴重な体験から多くのことを学ぶことができました。
8.jpg 9.jpg10.jpg
11.jpg12.png13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg25.jpg

 翌日からは、事後学習で、ちびっ子わんぱく相撲のビデオを見て振り返ったり、お相撲さんや主催者の方にお礼状を書いたりしました。

 教室でもお相撲遊びが流行っていて、手作りの行司を作ったり、新しい先生とお相撲をしたりすることで仲良くなっているようです。

 また、普段は文字チップで好きなキャラクターの名前を並べている子供が、その日は「おすもうさん」「どひょ」「まげ」と並べていました。

 子供たちが相撲に興味・関心をもってくれたことで、新しい経験や学びが深まったように感じます。

 今後も、子供たちの興味・関心を高め、様々なことに意欲をもって取り組み、人と関わることの楽しさを感じられるような授業を考えて行きたいと思います。

 この企画は、新年度が始まって3日目でしたが、4月からスタートした新体制で主催者の方との打ち合わせや、子供たちが当日安心して参加できるように、保護者の協力も得て準備を重ねてきました。

 特に、ちびっ子わんぱく相撲に本校の幼児児童を招待くださり、事前から当日まで子供たちが参加しやすいように細やかな配慮をくださった、ランドマークプロダクツ株式会社の伊佐治さんと村岡さんに感謝の意を表したいと思います。

26.jpg27.jpg28.jpg29.jpg30.jpg31.jpg32.jpg33.jpg34.jpg35.jpg36.jpg37.jpg38.jpg39.jpg40.jpg