筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

世界自閉症啓発デー2014 in 横須賀が開催されました

 去る12月6日、横須賀市総合福祉会館において、「世界自閉症啓発デー2014 in 横須賀」を、筑波大学附属久里浜特別支援学校(神奈川県横須賀市)が独立行政法人国立特別支援教育総合研究所との共同主催で開催し、教育や福祉・医療関係者や地域の方々約160名の参加を得た。

 「世界自閉症啓発デー」は、平成19年12月18日の国連総会において、毎年4月2日とすることが決議され、世界の各国において自閉症に関する啓発の取組を実施することが要請されている。我が国でも実行委員会が組織され、さらに多くの地域における啓発活動が求められている。あわせて、障害者福祉への関心や理解を深め、誰もが参加できる社会をめざすことを目的とし、12月2日から9日までを「障害者週間」と定めている。横須賀市でも「障害者週間キャンペーンYOKOSUKA」の名称のもと、各種イベントを開催している。

 そこで同校では、今年度も独立行政法人国立特別支援教育総合研究所とともに、横須賀地区自閉症の親の会「たんぽぽの会」の協力や横須賀市の後援、同校PTAと横須賀市立横須賀総合高校の生徒ボランティアの協力等を得て、「自閉症の世界を知ろうよ~ちいさな つながりを ひろげよう~」をテーマに、「世界自閉症啓発デー2014 in横須賀」を開催した。

 当日は、自閉症の子どもと家族の心の絆やそれをとりまく人々とのつながりを扱った映画『星の国から孫ふたり-「自閉症」児の贈りもの-』の上映や、自閉症についてのミニ講義があり、その後「自閉症のある方からのメッセージ」ということで、同校卒業生の辻本佳祐さんとお母様の辻本麻里さんにご講演をいただいた。辻本麻里さんからは今までの子育てについての話を中心に、佳祐さんからは現在中学で頑張っていることを中心にお話をしていただいた。麻里さんからの、子育てや佳祐さんの成長、ホノルルマラソンに出場して完走するまでの家族ぐるみの努力や、佳祐さんからの「将来は好きな電車にたくさん乗れる仕事に就きたい」など、会場の方の心に届くメッセージが数多くあり、会場が感動的な空気に包まれた。

 また会場には、同校幼児児童の作品展示コーナーもあり、普段の子どもたちの活動の様子についても発信をすることができた。

keihatsu2014-1.png  keihatsu2014-2.png
辻本さん親子の講演          作品展示の様子