筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba
HOME > トピックス > 研究所の研修員と本校教員によるバンドコンサートを開催しました

研究所の研修員と本校教員によるバンドコンサートを開催しました

 11月1日(火)に、第Ⅱプレイルームを会場として、研究所の研修生と本校教員による、バンドコンサートが行われました。

 バンドのチームは、全国各地から来ている研究所の研修生と本校教員による今回限りのメンバーで結成されました。ピアノ、キーボード、ドラム、ギター、サックス、鉄琴、木琴、コンガ、ツリーチャイムなど、メンバーの特技を生かした、バラエティに富んだ楽器を使用して行いました。

 当日は、寄宿舎生に加え、通学生も保護者と一緒にコンサートを参観しました。

 コンサートが始まる前には、楽器に触れる時間があり、ドラムやマリンバをたたいて音の響きを感じたり、ギターを肩から掛けて弾いたりしている子がいました。

 コンサートは、運動会の全校ダンスでも踊った「エビカニクス」から始まり、「ドレミのうた」、「ひまわりの約束(映画『STAND BY MEドラえもん』の主題歌)」、「花は咲く」、「さんぽ」、「エビカニクス(アンコール)」という流れで行いました。

 コンサート開始と同時に、エビとカニのお面をかぶったメンバーが出てきて、子供たちは知っている曲だったこともあり思わず立ち上がり、一緒に歌ったり、踊ったりしていました。また、「さんぽ」を口ずさんだり、「花は咲く」の手話をまねしたりする子もいました。演奏の間には、カエルのパペットが登場し、子供たちはよく見てとてもうれしそうな表情でした。音を聴いて体を動かしたり、興味がある楽器に近付いたり、先生や保護者の方の膝の上で音を聴いたりするなど、子供たちは音を全身で感じ楽しんでいる様子が伝わってきました。プログラム終了後には、寄宿舎生の代表の子供が、バンドのメンバーに感謝の気持ちを込めて花束を渡しました。

 一期一会で結成されたメンバーによるバンドコンサートで奏でられた音が、子供たちや皆さんの心に響き、思い出に残る楽しい機会となりました。

bandconcert1.png bandconcert2.png
 当日のプログラム           ギターを肩に掛けて弾く児童 

bandconcert3.png bandconcert4.png
    マリンバをたたく幼児       ドラムをたたく児童

bandconcert5.png bandconcert6.png
    カエルのパペット登場    みんなで歌って踊った「エビカニクス♪」

bandconcert7.png
最後にみんなで記念写真