筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

平成28年度 教材・教具

 <幼稚部>

①おはなし遊び「さつまのおいも」

 絵本「さつまのおいも」(著者:中川ひろたか,絵:村上康成,童心社出版)は、年少ひよこ組の朝の集まり活動や、縦割活動(みかんグループ)で読み聞かせをしている絵本の一つです。この絵本では、土の中で暮らす芋の様子や、芋掘りや焼き芋をしている子供たちの様子が描かれています。その中でも、ひよこ組で行う読み聞かせでは、「芋が走る・寝る」、「芋のつるを引っ張る」などの場面を題材に、実際にその場で同じ動きをして見せたり、一緒に楽しんで再現したりして遊んでいます。その絵本の読み聞かせの様子をご覧下さい。

読み聞かせの様子はこちら

②おはなし遊び「もちつきぺったん」

 絵本「もちつきぺったん」(著者・絵:きしらまゆこ,フレーベル館出版)は、年少ひよこ組の朝の集まり活動や、自由遊びの場面で読み聞かせをしている絵本の一つです。この絵本では、2匹のうさぎが餅をついたり餅を焼いたりする様子が描かれており、それらが様々な仕掛けを用いて表現されています。そこで、ひよこ組で行う読み聞かせでは、絵本の数場面を題材に大型仕掛け絵本を作成し、「餅をつく様子」を操作して見せたり、餅に見立てた道具(白いタイツに綿を入れる)を用意し、幼児と一緒に引っ張って伸びる感覚を味わったりして遊んでいます。その絵本の読み聞かせの様子をご覧下さい。

読み聞かせの様子はこちら

手作り「きね」.JPG 手作り「大型絵本」.JPG
手作り「きね」          手作り大型絵本

③おはなし遊び「どんないろがすき」

 絵本「どんないろがすき」(絵:100%ORANGE,フレーベル館)は、年少ひよこ組の朝の集まり活動で読み聞かせをしている絵本です。この絵本は、「どんないろがすき」というフレーズに対して、「〇〇(赤、青等)!」と、掛け合いのように読み聞かせをして楽しむ歌絵本となっています。赤、青、黄、緑色の順にクレヨンが登場し、次のページにはその色に関するイラスト(例:赤色…郵便ポスト、消防車、ハート等)が見開きで描かれており、歌っても、見ても楽しい内容です。
 そこで、ひよこ組で行う読み聞かせでは、登場するクレヨンの色に合わせてポンポンを選んだり、振って遊んだりして楽しんでいます。子供たちの中には、いろいろなポンポンを同時に持って「あか!みどり!」と言ったり、教室の中にある「〇〇色」を見付けて、指さして教えたりしてくれます。学級で行っている絵本の読み聞かせの様子をご覧下さい。

読み聞かせの様子はこちら

ponpon.JPGponponall.JPG
  ぽんぽん         ぽんぽん全色