筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

砂と水で広がるイメージ ~幼稚部の遊びから

 このところ暑い日が続いている。

 その暑さをものともせず、幼稚部の子どもたちは外遊びに夢中である。ジャングルジムの上で、砂場を見下ろしながらM君が「1,2,3・・・それっ」とはやし立てると、砂場にいたM先生がバケツの水を砂場にまき散らす。

 砂場に水が入ると、子どもたちの遊びは広がる。砂をかためて山を作ったり、水の流れを作ってみたりせき止めてみたり、樋に水を流してボールを転がしてみたりする。そして、それらが縦横無尽に組み合わせられる。

 もちろん子どもたちは砂まみれ水まみれであるが、そんなことを気にしているようすはない。それもそのはず、先生たちが率先している。子どもたちはそのエネルギーを感じながら、遊びの主導権はしっかり持っている。S君はホースから水が出るのが面白いようで、ホースを離そうとはせず、ホースを持って砂場中を歩き回る。砂場に水がしみていく様子、水が流れる様子を見入っては場所を変える。
sunatomizu.png
 近くでは、色水遊びに興じていたK子、色水をペットボトルに入れてT先生のところにきて飲むように勧める。T先生は嬉しそうにいただいたフリをする。K子はにっこり。イメージが共有された瞬間である。

 砂と水にまみれて遊ぶ光景が見られるようになってきたが、本格的な外遊びシーズンはこれからである。さて、今年の子どもたちは、砂と水にまみれ、どんなイメージを広げてくれるか楽しみである。