筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

5月13日 「うれしい!」瞬間

 先週、幼稚部の教室をのぞくと、うさぎ組のHくんが手作りの花を吸水スポンジに差し込んでいました。でき上ったのは、カーネーションのフラワーアレンジメントです。なるほど、12日(日)が母の日だったので、Hくんはそのためのプレゼントを作っていたのだとすぐに理解できました。下の写真が、そのカーネーションです。この花をプレゼントされたら、お母さんは「うれしいだろうなぁ」と思い、しばらく眺めていました。手作りのカーネーションなので日持ちがよく、眺めるたびにじわじわと幸せな気持ちになっていただけそうです。
手作りのカーネーション.JPG 後片付け.JPG

 その日のお昼は、子供たちの食事の様子を見るため、再びランチルームや学級を回りました。好き嫌いの有無や偏食の様子、食べ方や食べる量などを尋ねながら回っていると、幼稚部りす組のKくんが私に気付き、「あっ、こうちょうせんせい」と呼んでくれたのです。みんな淡々と給食を食べていて、いたって静かな教室のままでしたが、その瞬間の私の心はパッと花開くような喜びに包まれていました。幼稚部の子供から初めて「こうちょうせんせい」と呼ばれた感動を、一人静かに味わっていました。
給食の様子.JPG

 「うれしい!」瞬間は、思いがけなく突然に訪れます。次はどんなことに感動するのか、自分の感度が楽しみです。