筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

今日から学校再開

 先週いっぱい学校を閉じていましたが、今日、無事子どもたちを迎え入れることができました。子どもたちからも教職員からも、インフルエンザ「鬼」はとりあえず退散してくれたようです。

 朝のこと。幼稚部のR君が、久しぶりの登校が待ち切れなかったということで早く登校しました。一方、久しぶりの学校再開で職員の打合せが長引いています。私が幼稚部玄関を通りかかると、早く教室に行きたいR君をお母さんがなだめていました。そこで、私が一緒に教室に向かうことにしました。教室に入り、室内をぐるり回ったR君。カレンダーのところに飾っている青と赤の「鬼」のお面に気づき興味津々。指でつついてみたり、裏をのぞいてみたり。お母さんのお話では、今までの豆まきでは、鬼が出てきて豆まきが始まると周囲に隠れるようにしていたそうですが、最近はそんな場面をみんなと一緒に楽しめるようになったとのこと。イメージの世界に足を踏み入れたようです。朝から嬉しい話を聞きました。

 さて、今日は節分。暦の上では明日から春ですが、まだまだインフルエンザやノロウィルスが猛威をふるっています。本校に、再びそうした鬼たちがやってこないよう、今日は盛大に豆まきをすることにします。