筑波大学附属久里浜特別支援学校 Special Needs Education School for Children with Autism,University of Tsukuba

3学期始業式(平成26年1月8日)

 新年、明けましておめでとうございます。

 本校は、今日が始業式。3学期のスタートです。

 50名ほどの久里浜っ子が久しぶりに登校してきました。

 始業式には、私から短いお話しをします。今日は、干支のことや冬休みできごとなどを取り上げ、今日から自分の目当てに向かって頑張りましょうと話しました。

 私からの話では、パワーポイントで作成したスライドを使います。話に関連した文字や絵をスライドとして使うのは、言葉だけでは理解しにくい子どもを視覚的にサポートするためです。スライドを使うことにより、3歳から12歳までの多様な実態の子どもが、とにもかくにも校長の話に注意を向けてくれます。

 今日は、干支のところで絵だけでなく「うま」の効果音も使ったのですが、こちらの方は操作がうまくできず音に注意を向けてもらうには至りませんでした。授業で言えば、教材研究の不足といったところでしょうか。反省です。

 さて、子どもたちには、3学期は短いので、目当てをもってしっかり頑張っていきましょうと話しました。

 振り返って私は、この「校長室便り」で、できるだけ本校のようすや自閉症教育にまつわる話題を提供することを、当面の目当てにしようと思っています。

 皆様、本年もよろしくお願いします。

sakuhin.jpg

校門前の掲示板を飾るうさぎ組幼児(5歳)の作品